FANDOM


前回に引き続き、ゴッドフェスの引き時について書いていきます。 今回はゴッドフェスのラインナップを見ていき、どのモンスターを必要な時にガチャを引くべきなのかということを考えていきます。

まずはゴッドフェスのシリーズをおさらいしていきます。

西洋神
No.1533  覚醒ミネルヴァNo.1534  覚醒ネプチューンNo.1535  覚醒セレスNo.394  慈愛神・コスモスヴィーナスNo.1748  覚醒ハーデス
和神
No.1726  覚醒ヒノカグツチNo.1555  八相龍神・ヤマタノオロチNo.1556  斬魔閃神・スサノオノミコトNo.1557  焔天舞神・アマテラスオオカミNo.989  夜刻武神・ツクヨミ
インド神
No.1113  破戒の創造神・シヴァNo.1115  紫蓮の吟女神・ラクシュミーNo.1117  翠金の仙女神・パールヴァティーNo.657  天頂の雷霆龍・インドラNo.658  深潭の暗黒龍・ヴリトラ
北欧神
No.1344  龍剣の勝利神・フレイNo.1345  永久の双星神・イズン&イズーナNo.1346  煌樹の豊麗神・フレイヤNo.1347  奪還の雷戦神・トールNo.1348  暗躍の狡知神・ロキ
エジプト神
No.995  白光炎隼神・ホルスNo.997  煌命聖海神・イシスNo.1613  月下の愛猫神・バステトNo.999  極光太陽神・ラーNo.1001  天臨冥狼神・アヌビス
新西洋神
No.889  狂荒の戦軍神・アレスNo.890  夢来の商業神・ヘルメスNo.891  聖弓の狩猟神・アルテミスNo.892  天弓の光明神・アポロンNo.893  断罪の冥府神・ペルセポネ
天使
No.1253  龍焔の熾天使・ウリエルNo.1254  神導の大天使・ガブリエルNo.1255  退滅の大天使・ミカエルNo.1256  救聖の大天使・ラファエルNo.1216  反逆の熾天使・ルシファー
悪魔
No.1257  爆進の魔神卿・ベリアルNo.1258  漢気の魔神卿・アモンNo.1260  天真の魔神卿・アスタロトNo.1261  傲慢の魔神卿・バアルNo.1553  創獄の神魔王・ルシファー
四神
No.1263  天聖導の朱雀・レイランNo.1265  妙霊護の青龍・カリンNo.1267  道明守の玄武・メイメイNo.1218  聖煌天の麒麟・サクヤNo.1269  退魔爪の白虎・ハク
新和神
No.1296  岩戸の芸女神・アメノウズメNo.1297  護恵の漁猟神・ウミサチヤマサチNo.1298  献身の巫女神・クシナダヒメNo.1299  天道の皇祖神・イザナギNo.1300  漫遊の国造神・オオクニヌシ
英雄神
No.1732  荒天の武皇神・ヤマトタケルNo.1733  蒼鎖の星海神・アンドロメダNo.1734  翠星の破邪神・ペルセウスNo.1072  金毛の猿神・孫悟空No.1074  冥夜の女神・パンドラ
三国神
No.1232  求覇の武王神・曹操No.1234  秘勇の将軍神・孫権No.1743  克己の龍英傑・劉備No.1238  凛聖の双華神・大喬&小喬No.1240  羅刹の飛将神・呂布
新インド神
No.1331  勇将神・クリシュナNo.1333  聖流の女神・サラスヴァティNo.1335  創界神・ヴィシュヌNo.1337  学問神・ガネーシャNo.1339  魔討の女神・ドゥルガー
新エジプト神
No.1660  焦炎神・セトNo.1662  星雲神・ヌトNo.1664  冥穣神・オシリスNo.1666  聖命神・ハトホルNo.1668  冥霊神・ネフティス

これが、今現在、ゴッドフェスの対象となるモンスターたちになります。ゴッドフェスはこの中から2種が選ばれフェスが開催となります。昨今は前半後半と2日開催で4種類のシリーズが対象となることが多いようで以前よりも組み合わせを選ぶ機会が多くなりました。
では、ここからが本題。湯水のように課金する方はゴッドフェスのたびにガチャを引くと思うのですが、無課金から微課金の方はガチャを回すタイミングを考えなければいけないと思います。では、それはいつが理想的なのでしょうか。それぞれの場合に分けて考えて行こうと思います。


  • ケース1・優秀なリーダーモンスターが不在の場合

リセマラをしていなかったり、していても攻略できるダンジョンの幅が狭かったりする場合。今よりも優秀な、もしくは今持っているものとは違うタイプのリーダーが必要になると思います。そういう状況ではどのゴッドフェスを引くとよいのでしょうか。優秀なリーダーがいないということはサブも充実していないと思われるますので、手始めに攻略できるダンジョンが多く、究極進化せずとも強く、パーティの構成難易度も低く、尚かつリーダースキル発動条件の難易度が高すぎないモンスターを選んでみます。
エジプト神
No.995  白光炎隼神・ホルスNo.997  煌命聖海神・イシスNo.1613  月下の愛猫神・バステト
四神
No.1263  天聖導の朱雀・レイランNo.1265  妙霊護の青龍・カリンNo.1267  道明守の玄武・メイメイNo.1218  聖煌天の麒麟・サクヤNo.1269  退魔爪の白虎・ハク
新和神
No.1296  岩戸の芸女神・アメノウズメNo.1297  護恵の漁猟神・ウミサチヤマサチNo.1298  献身の巫女神・クシナダヒメNo.1299  天道の皇祖神・イザナギNo.1300  漫遊の国造神・オオクニヌシ
三国神
No.1238  凛聖の双華神・大喬&小喬No.1240  羅刹の飛将神・呂布
新インド神
No.1331  勇将神・クリシュナNo.1335  創界神・ヴィシュヌNo.1339  魔討の女神・ドゥルガー
新エジプト神
No.1664  冥穣神・オシリスNo.1668  冥霊神・ネフティス
かなり独断と偏見で決めていますが多少のパズルが出来れば使いこなせる優秀なリーダーという視点で選んでみました。多色リーダーに関しては経験上、使っていたらいずれ使いこなせるようになるというのが個人的な見解です。4属性以上の多色リーダー、6コンボ以上のコンボ系リーダーが含まれていますが、使い続けていればそのうち出来るようになると思われるので、とりあえず持っておくべきという考えです。
こう見ると四神と新和神にリーダーが固まっていてその中からひとつも持っていないならばそのどちらか、もしくは両方が対象となっているゴッドフェスをガチャを回すと何がしかのリーダーモンスターが手に入る可能性が高いように思われます。なので、四神と上記の何か、新和神と上記の何かが対象の場合が望ましいと言えるでしょう。組み合わせの中でおすすめは四神、新和神と新インド神、新エジプト神の組み合わせでしょうか。はずれも少なくとても強力なリーダーモンスターたちがいます。


  • ケース2・育ててるリーダーモンスターはいるがサブが足りない場合

とは言え、このケースはリーダースキルによって欲しいモンスターが違ってきます。多色、単色、英雄神や新インド神のようなドロップの数が必要な場合と色々あります。手持ちのモンスターとの組み合わせによっても変わるので、サブを狙う場合は優秀なリーダースキルを持ったモンスターが2体以上いる状態が望ましいと思われます。リーダーを集めている間にサブが揃うというケースもあるのでまずはいくつかのリーダーを集めた後にゴッドフェスをどう選ぶのかという視点で考えてみます。
なので、大まかにサブとして使えるモンスターを選んでみます。とは言え、優秀なサブモンスターと言えば各属性の忍者とヴァルキリーです。
忍者シリーズ
No.1191  紅焔の舞巫女・望月千代女No.1192  蒼扇の夜叉姫・初芽局No.1193  時津風の神童・猿飛佐助No.1194  轟雷角の頭領・風魔小太郎No.1195  朧月夜の幻影・服部半蔵
ヴァルキリーシリーズ
No.1728  凰華姫神・ヴァルキリーファムNo.1729  蒼翔姫神・ヴァルキリーレインNo.1730  茨戒姫神・ヴァルキリーエリーゼNo.1727  神命姫神・ヴァルキリーローズNo.1731  黒翼姫神・ヴァルキリークレール
これらモンスターは優秀なドロップ変換のスキルを持っていて、しかもそのスキル上げが比較的容易なため大変使いやすいです。けれど、これらモンスターはゴッドフェスの対象にはなりません。ガチャを引いて偶然に手に入れるしかないモンスターです。これらゴッドフェスの対象にならない優秀なサブモンスターのいくつかはムラコレの対象にはなるのですが、個人的にはゴッドフェスのモンスターが揃ってない状態でムラコレを引くのはお勧めしません。なので、まずはゴッドフェスで優秀なリーダーモンスターを数体手に入れ、優秀なサブをゴッドフェスで狙うと言うのが良い選択だと思うのですが、では場合のサブはどれが良いのでしょうか。

一般的にサブで優秀なモンスターというのは大きく分けてドロップ変換系、エンハンス系、ドロップ強化系のスキルを持ったモンスターのことを指します。
また、覚醒スキルの属性強化やドロップ強化を積んだパーティを組みたい場合、覚醒スキルも要注目となりますが、ゴッドフェス対象のモンスターは覚醒スキルが優秀なものが多いのでここではその項目に触れないことにします。
では、スキル別にモンスターを見ていきます。

変換系スキル
インド神
No.1117  翠金の仙女神・パールヴァティー
新西洋神
No.889  狂荒の戦軍神・アレスNo.890  夢来の商業神・ヘルメスNo.891  聖弓の狩猟神・アルテミスNo.892  天弓の光明神・アポロンNo.893  断罪の冥府神・ペルセポネ
天使
No.1253  龍焔の熾天使・ウリエルNo.1254  神導の大天使・ガブリエルNo.1255  退滅の大天使・ミカエルNo.1256  救聖の大天使・ラファエル
悪魔
No.1257  爆進の魔神卿・ベリアルNo.1258  漢気の魔神卿・アモンNo.1260  天真の魔神卿・アスタロトNo.1261  傲慢の魔神卿・バアル
四神
No.1263  天聖導の朱雀・レイランNo.1265  妙霊護の青龍・カリンNo.1267  道明守の玄武・メイメイNo.1269  退魔爪の白虎・ハク
新和神
No.1297  護恵の漁猟神・ウミサチヤマサチ
英雄神
No.1732  荒天の武皇神・ヤマトタケルNo.1733  蒼鎖の星海神・アンドロメダNo.1734  翠星の破邪神・ペルセウスNo.1072  金毛の猿神・孫悟空No.1074  冥夜の女神・パンドラ
三国神
No.1232  求覇の武王神・曹操No.1743  克己の龍英傑・劉備No.1238  凛聖の双華神・大喬&小喬
新インド神
No.1331  勇将神・クリシュナNo.1333  聖流の女神・サラスヴァティNo.1335  創界神・ヴィシュヌ
新エジプト神
No.1660  焦炎神・セトNo.1662  星雲神・ヌトNo.1664  冥穣神・オシリス


ざっとこのような感じになります。変換以外のスキルと複合されているモンスターもいますので、ダンジョンの道中でスキルだめが必要なモンスターも居ますがボス戦を戦うにおいて変換スキルは必須なのでパーティに何体か組み込みたいところです。
この中で、特にサブとして人気なのが新西洋神と四神になります。新西洋神はそれぞれがダブル攻撃態勢という強力なスキルを持っていて、またそれぞれがそれなりにスキル上げをする機会が設けられているという事もありじっくり育てたいモンスターたちです。四神はスキル上げするのが中々にして困難ですが盤面すべてを変換してくれる陣系の変換は様々な場面で使えるのでパーティにひとりは入れたいモンスターだと言えます。
また、悪魔シリーズは変換するまでのターンがかかりますが覚醒スキルが優秀なモンスター。英雄神や天使は攻撃的な変換と回復ドロップを作ってくれるモンスターなので回復ドロップが欲しいタイミングで使ったり、ヴァルキリーなどのスキルを使って回復ドロップをさらに変換したりと様々な場面で使えます。
とは言え、忍者、ヴァルキリーなどのスキル上げをしてからの5ターン変換のような使えるまでのターンが軽いスキル以外の変換スキルはボス戦で一度使うきりになってしまう場合が多く、基本的に何度も使えるものではありません。そのため重たいスキルは使いどころが肝心となりますがドロップの数はそのまま攻撃力に変わるのでとても重要なスキルです。
まとめると、属性をピンポイントで狙うのは無理がありますが持っていないなら四神、新西洋神、リーダーにもなることを考えて英雄神、新エジプト神(リーダーも狙いたい時は三国神もあり)などが対象の時にゴッドフェスを回すと変換系のサブを求める場合には良いのではないでしょうか。

エンハンス系
北欧神
No.1344  龍剣の勝利神・フレイNo.1345  永久の双星神・イズン&イズーナNo.1346  煌樹の豊麗神・フレイヤNo.1347  奪還の雷戦神・トールNo.1348  暗躍の狡知神・ロキ
新和神
No.1299  天道の皇祖神・イザナギNo.1300  漫遊の国造神・オオクニヌシ
三国神
No.1240  羅刹の飛将神・呂布
新インド神
No.1339  魔討の女神・ドゥルガー
新エジプト神
No.1660  焦炎神・セトNo.1668  冥霊神・ネフティス

実用的なエンハンス系の能力を持つモンスターざっとこんな感じになります。とは言え、エンハンスといえば

鎧騎士
No.1650  蒼炎の鎧騎士・ニムNo.1652  翠氷の鎧騎士・ミューズNo.1654  紅嵐の鎧騎士・デルガドNo.1656  蒼大剣の鎧騎士・アークラインNo.1658  蒼対剣の鎧騎士・クレーゼ

これらのモンスターがタイプ2.5倍という強烈なエンハンススキルを持っているので単純にエンハンスのスキルを使いたい場合であればこちらを選びたいところです。しかし、この鎧騎士シリーズはゴッドフェスの対象とならないので忍者、ヴァルキリーと同じく狙った鎧騎士を手に入れるのは非常に困難ですので、運よく手に入ったならばという感じで捉えておいた方が良いと思われます。
それを踏まえた上でとなりますが、まずはエンハンスと言えば北欧神。3ターンの間、指定された属性が1.5倍されるので殴り合いが出来るボス戦で使ったり中ボスの連戦に使ったりという用途があります。1.5だと高難易度のモンスターには心もとないのでドロップ強化も併用して使う事が多いかもしれませんが、属性指定のエンハンスは1.5倍までが基本なので鎧騎士などのタイプエンハンスと比べると見劣りします。また、覚醒スキルも属性強化をふたつもっているために優秀です。鎧騎士がいないならば十分にパーティに入る余地があるでしょう。
どうしてもエンハンスというと鎧騎士に軍配があがるのですが、鎧騎士にないエンハンスを持ったモンスターも居ます。それは三国神の呂布で。呂布は鎧騎士には悪魔エンハンスがいないのでとても貴重なモンスターになり、またリーダーとしてもとても優秀です。また、新エジプト神のネフティスもエンハンスとドロップ強化を両方使えると言うことで相当に強力なモンスターと言えます。この2体はエンドコンテンツのリーダーとしてもトップクラスなので手に入れたら育てるべきでしょう。 まとめると、エンハンスは鎧騎士のものが優秀。属性指定なら北欧神を狙うといったところでしょうか。昨今はエンハンスよりも大量に変換したドロップをドロップ強化するという方が主流なのでまずはドロップ強化ありきで使い、エンハンスのみで使う機会はあまりないかもしれません。他に欲しいモンスターがいる場合は優先順位が低いと言えるかもしれません。


ドロップ強化
インド神
No.1113  破戒の創造神・シヴァNo.1115  紫蓮の吟女神・ラクシュミー
エジプト神
No.995  白光炎隼神・ホルス
悪魔
No.1553  創獄の神魔王・ルシファー
新エジプト神
No.1668  冥霊神・ネフティス

と、見てみると非常に少ないです。それもそのはずでドロップ強化を持ったモンスターは降臨ダンジョンのモンスターたちに多いからです。その中でも良く使われるのが
No.1536  覚醒ヘラ・ウルズ↑↑No.1737  澪王妃・ヘラ・イースNo.1206  五機龍合体・ゴッドカノープスNo.1422  聖都の守護神・アテナNo.1207  五機龍融合・デモンハダルNo.1371  獄羅苦狂魔皇・ベルゼブブ
このように各属性そろっています。なので、そのうえで使いたいモンスターとなると他の能力が重要になるでしょう。例えばシヴァやルシファのようなリーダーとしても優秀なモンスター、ネフティスのようにエンハンスも持っているモンスターなどです。こちらは特にゴッドフェスで狙うならば別の理由となりますので、ゴッドフェスにドロップ強化のスキルを狙うという事はないかもしれません。


以上です。これらの情報を見比べてどのゴッドフェスを引くべきか考えてみてはいかがでしょうか。狙うゴッドフェスの対象を絞り自分のパーティを強化していってほしいと思います。モンスターは常に増え続けるのでこの情報もすぐに古くなると思いますが参考になれば幸いです。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki